菅島灯台

菅島付近の海面は、数多くの岩礁があり、古くから船人を悩まし、いくつもの人命が海のもくずと消え、当時の船乗りは「鬼ケ崎」と呼んで恐れられていたそうです。

江戸幕府が成立して、人口は年々増加し、そのため食料が不足し始めたため、江戸幕府は河村瑞賢の説をとり、1670年、現在の山形県酒田市から日本海を経由し、下関から瀬戸内海に入って、大阪へ、さらに紀伊半島をまわって江戸へという、いわゆる西回り航路が開発され、東北の米を江戸へ運ぶことになりました。

しかし、菅島周辺の海では難破する船が続出したので、ここに「かがり火」を設けて目標としました。これが菅島灯台のはじめです。初期には露天で火を燃やしていましたが、その後風雨を避けるため「かがり火小屋」を建て、任命された専門の者が火を守ったという話です。

菅島灯台は、明治6年7月1日に点灯しました。英国人技師リチャードヘンリーブラントンが在日期間の末に設計・建設した灯台で、国産の白色レンガを使っており、近く安乗埼灯台とともに、静岡県御前埼から和歌山県樫野埼間では最も古い灯台で、灯台の竣工式には、時の政府の高官 西郷隆盛以下が多数出席したそうです。

建築費は、当時のお金で4,490円でした。

戦後になり、昭和26年4月14日、自動点滅機が取り付けられ、従来の不動灯から変更されました。

昭和27年3月には、停電に備え発電機が設備され、昭和28年8月1日より、鳥羽港航路標識事務所の管下に入り、1名の職員が駐在していましたが、昭和34年4月に太陽光線を利用した自動点火スイッチが取り付けられ無人の灯台になりました。

灯台の職員官舎は、昭和39年8月に明治時代の貴重な資料として愛知県犬山の明治村に移転されました。

明治村のホームページで、職員官舎のことについて、次のように掲載されています。

http://www.meijimura.com/visit/s30.asp#a01

「レンガ造の壁に木造の洋小屋を載せて桟瓦を葺いている。出入り口は両開きのガラス扉に鎧戸を付け、窓は上ゲ下ゲ窓でやはり鎧戸を備えている。

建設に当たっては島の人々の協力があり、船着場から高台までの資材運搬等に従事したという。又、建物に使われたレンガや瓦も地元の産で、渡鹿野島の瓦屋竹内仙太郎が焼いた旨の刻印がある。移築のための解体も島民の協力を得て行われた。」と掲載しています。

菅島灯台は、歴史的、文化的な価値のある施設として、平成10年には、海上保安庁などが募集した「日本の灯台50選」に選ばれ、平成21年2月には経済産業省から近代化産業遺産群に認定されるとともに、平成22年1月、文部科学省から有形登録文化財に登録されました。

Copyright© 2012 菅島紅つげの会 All Rights Reserved.