精霊送り

8月31日。精霊送り(おいやれ、じんかん船とも言う)
午前中に送り船を元老衆がお寺さんに集まり作る。午後3時半ころより送り船を中心に百万びょうを繰り、
お経を唱えながら、鐘と太鼓のはやしで、島を一巡する島の人々は紙のおはぎを包み家族の顔や都合の悪いところをさすり悪霊を一緒に精霊船に送り込み海岸まで見送る、このとき子供らはほら貝を吹きならし
盛大にに送る。

Copyright© 2012 菅島紅つげの会 All Rights Reserved.